人気ブログランキング |

タグ:アウトドア ( 2 ) タグの人気記事

ビミョー

b0068450_9582960.gif
b0068450_14405240.jpg
WAY DOWN /CURTIS AMY



CURTIS AMY-ts ROY BREWSTER-tb MARCUS BELGRAVE-tp ROY AYES-vib GEORGE MORROW-b
TONY BAZLEY-ds VIVTOR FELDMAN,JOHN HOUSTON-p
1962
PACIFIC JAZZ
SIDE 1
1.WAY DOWN 2.LIBERIA 3.24 HOURS BLUES 4.LIZA
SIDE 2
1.A SOULFUL BEE, A SOULFUL ROSE 2.ALL MY LIFE 3.BELLS AND HORNS

  23年勤務した職場を離れる(11年前のこと)ということで先日送別の会を開いてもらった。

 毎年あるこういう席で、初めで最後の挨拶を退職ということで迎えようとは思いもよらなかった。系列の職場は他にも何箇所かあって、何度か転勤を考えたが実現しなかった。望まれてかどうかはわからないが、一度もこの地を離れることなく今まで来たことは今考えると有難いことだったのかもしれない。

 で、退職をする僕以外の職員も含めて「感謝状」なるものを渡された。誰が考えた文面か定かじゃないが、僕のには主に自然相手のアウトドアにはまった事柄が記されていた。今から考えれば一時の道楽だったと思うが、物も娯楽も都会育ちの僕には満足いくものがなかったが、いったん視点を転じればふんだんに備わった自然を満喫できる地であることに目覚め、日夜アウトドア一色の日々が続くことになった。形から入る質だったから、まずはRV車を手に入れ、双眼鏡や望遠レンズの一眼レフで野鳥を追うバードウォッチングに始まり、アウトドアブランドのテントを購入してキャンピング、極めつけは折りたたみ式で持ち運び自由なカヤックでこの地域の湖、川を制覇した。出向いた先の温泉、露天風呂は言うに及ばず、傍にヒグマが出没する危険も顧みず湯につかる。
 夢に見るのは、どこでも寝泊り自由なキャンピングカーを駆ってありとあらゆるアウトドア道楽の限りを尽くすということであった。


 考えてみれば、仕事に命削った日々もこの23年の間にあったことも確かで、その間の合間を縫ってこうした道楽は次から次えと続いていたわけだ。もちろん仕事は楽しくなけりゃをモットーに、如何にモチベーションを高めて仕事に熱中できるかに精進した。
 全く悔いがないとは言えないが、自己満足できる程度には過ごしてこれたと思っている。
 

 さて、退職し新たな人生を歩むこととなる。喫茶店経営など不安が付きまとうが、意外に今まで手に染めた道楽が助け舟になってくれるような気もしている。気心が知れあうという媒体には道楽がうってつけ。そこに多少の商売根性を働かせればなんとかなる?・・・そんなうまいこといくのだろうか。

 アウトドアとは対照的なレコードコレクションも道楽のうちだ。音溝にこめられた気迫にうなる時の至福感。長年聴いてりゃあ、ジャズ魂の釣り針に引っかかる獲物も選ばれてくる。
 「こういうのが、いいのさ」という今回の一枚はカーティス・アーミー。
 PACIFIC JAZZは西海岸の名門レーベルだが、所謂ウエスト・コースト・ジャズのレーベルだ。ところが、今までサイドマンに徹していた黒人ミュージシャンが狼煙をあげて表舞台に出てきた。そうなると白いジャズが黒くなる。
 しかしところが、彼らの土壌にはいかんともしがたい白さが残っていて、ニューヨークをねじろとするミュージシャンとは微妙に差異のあるローカリティを発揮することになる。
 その「ビミョー」さが小脇を擽る。ワン・トラックごとにいちいちうならせる。

 基本的にはアーミーとマーカス・ベルグレイヴがフロントでロイ・ブリースターがヴァイブ、ヴィクター・フェルドマンがピアノ、ベース、ジョージ・モロー、ドラムス、トニー・バスレイという構成だが、何が僕を喜ばせているのか定かじゃない部分で、沸々と沸く「よろこび」がある。
 この「ビミュー」で定かじゃない部分が培ってきた「耳」のなせる潜在的業なんだなという気がしている。
 たとえば冒頭WAY
DOWNの中盤で鳴るヴァイブの適材適所なはまり方、ここぞというときのシンバルの打ち込み、勿論アーミーのテナー・アクションの心地よさもあって、更にフェルドマンのピアノ・ワークの的確さがつぼを得ているなんて、言葉にしても殆ど伝わらないのである。
 そういうもどかしさは、わが店に来て聴いて貰えばいっぺんに解消・・・。
 「一聴瞭然」なんて逃げでしかないが、ホントにそうなのだ。




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
by jamal2 | 2016-12-22 14:46 | JAZZ | Comments(0)

「氏」をあかす

今日から朝ドラは「べっぴんさん」となりスタート。前回「とと姉ちゃん」は内容は良かったが、主人公がどうもビジュアル的に難があった?今回の主役はその点クリアしてる。しかも母親役でありナレーターとなったのが菅野美穂ときた。旦那の堺雅人も好きだが堺以前から注目してきた女優である。始まりは「坂の上の雲」だったかな?子規の妹役で出ていた。他にも彼女の出ていたドラマはなるべく欠かさずみていた。実は僕の姓は彼女と同じ。
それで気になって菅野姓の由来を確かめたくなって調べると、何と古代始祖は百済の王家から別れたとされる。『新撰姓氏録』によれば、王辰爾の弟、(うし。宇志とも作り、麻呂(まろ)とも呼ばれた)を氏祖とするが、そもそもは百済の第14代国王貴首王を出自とするという。初めは「(百済)王」を氏名としていたようで、敏達天皇3年(574年)に牛が「津史(つのふびと)」を賜氏姓され、天平宝字2年(758年)に「津連(つのむらじ)」と改賜姓、延暦9年に津連真道(後の菅野真道)等が朝臣姓の賜姓を請願してこれが許されたために、居住地に因んで「菅野朝臣」を称したという。なお、菅野は大和国宇陀郡菅野村(現奈良県宇陀郡御杖村大字菅野)を指すとされる。賜姓とは、「天皇が皇族,貴族,武士などの功績に対して姓を賜うこと。古代からあったと思われ,平安時代には盛んに行われた。特に,姓を与えられて臣籍に下った皇族を賜姓皇族と呼び,後世,公家あるいは武士として発展した。」「なお、本書の対象とする範囲は京(左京・右京)と五畿内に住む姓氏に限られており、また「序」にはそれすらも過半が登載されていないと記している。」つまり出自は五畿内に限られるので菅野の発生はその内にあることになる。後述するなかに確かに畿内であることを確かめた。王辰爾(おうじんに、王智仁)は第16代百済王辰斯王の子辰孫王を発祥とする渡来系氏族船氏の祖で、学問に秀で、儒教の普及にも貢献したとされる人物。後でも記されているが「学問」に通じた素性であるらしい。

更に、『姓氏録』中科宿祢条では宇志(牛)は塩君(牛定君)の孫とされ、やや混乱が見られる。また、この上表自体が西史(かわちのふみ)氏の始祖、王仁の伝えをまねた始祖伝説であるとされる[6]。なお東日本では菅野(かんの)という読み方の苗字が数多くあるが、この読み方は農民として分家して土着化した形態であり、平安時代の学者の菅原道真の系統も引いている。(リンクしているところもあるので見えないときにはマウスを文字の上から這わせていくとみつかる)(by Wikipedia)

僕の祖父は東北は宮城県角田市の貧農の出で、「カンノ」の読み。同郷で角田中学の同級として嘗ての経団連会長大槻文平氏と親しくしていたとか。自宅に訪れた大槻氏とのツーショットの写真もある。彼の交友関係では画家の
氏(あの、六花亭の包装紙で知られている)もいる。直行氏はあの坂本龍馬の甥高松順蔵が後に坂本姓を名乗るところからくる。
直行氏から譲り受けた絵がうちにも何点かある。中札内の直行記念館は釧路時代、白糠から近いこともあってあって度々訪れた。帯広近郊には結構いい記念館等があって鹿追町の
子供達を連れてドライブがてら何度も訪れた。不思議と白糠とは生成する植物が異なっていたり、都会的雰囲気のなかに落ち着いた風情の町である帯広市を囲んで周囲にある自然を堪能する地域である。僕が初めて自分のカヌーを漕いだのは歴舟川という川で、急流くだりをいきなりやった感がある。後はだらだらの十勝川があるがつまらなさそうなのでやめたが、沼湖もかなりあってその幾つかは漕いだ。歴舟川は清流というにふさわしく、上流にいくと砂金のとれる場所がある。砂金とりの名所でもあったそうだが、川の透明度といったら堪らない。上流から中流域に入るとカムイコタンがあって、キャンプ場にもなっているが、切り立つ崖のしたが深い淵になっていて、上流から流れてくる流れにのってライフジャケットだけで遊べるところがある。その下流をカヌーで漕いだ。ホワイトウォーターの流れが河岸すれすれにあってスリル満点。怖いから降りてスルーしようにも出来ないので、度胸決めて行くしかない。蛇行も結構あって岸にぶつかりそうになる。これゴムボートで降りる奴、なんていったかそれで行くのも楽しそうだ。そうそうラフティング。十勝川でそれやっているらしいが、つまらない。歴舟の場合水しぶきで前が見えなくなる箇所もあるから堪らない。そういう「瀬」が漕ぎながら予感するとドキドキが止まらず、腹を決めてパドルを動かして抜けきった時の爽快感がやめられなくなる。当時、カヌーと言えば野田知佑さんが神的存在だったが、その彼だって急流を下るときには気合いの声を出しっぱなしでくぐり抜けたそうだ。カヌー犬がいておとなしく乗っているのが羨ましくて、一度だけ波も立たない沼でためしたが、あえなく撃沈。こりゃ駄目だと思ってそれきりになった。
カヌーのことになると尽きないのでここらでやめる。
b0068450_11531568.jpg
b0068450_11534517.jpg
北大の同期だったらしく山岳部だかスキー部で一緒だった頃からのつき合いらしい。

それらのことはどうでもいい。

なんてたって美穂ちゃんと同姓であることが嬉しくて調べると埼玉県坂戸市出身。近いと言えば近い東北の「菅野姓」である。因みに妻の母方の姓は「スガノ」の方である。これも奇遇だった。
会津藩は知られているように、戊申戦争で賊軍とされた東北列藩同盟で最後まで戦った藩であり大河ドラマでも紹介されている。山本五十六の母方は会津藩の出で、父方は長岡藩で共に賊軍の出で祖父帯刀(たてわき)は戊申の際に負け戦で自害した。
だから新婚旅行に菅野の先祖がいるということで会津若松を予定していたのだが、ある事情で行けなかった。旅行で思い出して旅行好きの菅野美穂がスウェーデンを旅した動画をみつけた。


こういう旅ならしたい。嘗てアウトドア派だった僕だが、冬のアウトドアとなるとせいぜい歩くスキーや、ワカサギ釣りぐらいだったが、妻の好きだった星野道夫氏の没後に然別湖にそれこそアイスドームが作られ、凍った湖面を子供達がはしゃぎ廻った思い出がある。夏場多分一度だけカヌーで漕いだおぼえがある。冬場遊べることがすくなかったのだが、是非僕も犬ぞりがやりたく思ったが、まさかうちの情けない犬どもに曳かせることは到底無理だったので実現せずに終わったが、調教だって難しい筈だ。美穂の旦那が出ていたキムタクの主演「南極物語」?も良かった。あのなかのタロウ・ジロウが小学生の頃新聞に載っていたのを何故か憶えている。犬ってホントにかわいいよね。僕もアラスカに関心を持っていた時期があって、本多勝一の『カナダ=エスキモー』などを読んだ。イヌイットの生活振りは興味深い。
なんかこんなことを書いていると、アウトドア熱が再燃しそうだが、せいぜいこれから孫たちが出来たらキャンプにつき合う程度かな。


by jamal2 | 2016-10-03 13:10 | 歴史 | Comments(0)

本、ジャズ、映画・落語・プラモデル・・・ディレッタントな日々


by jamal
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る